Taniumアーキテクチャ

前世紀のアーキテクチャに未来を賭けるのは危険です。

時代遅れのアーキテクチャ。エンドポイントツールを困らせる根本的な問題です。Taniumはデータを収集し、エンドポイントに対して10,000倍早く対応します。そして、企業がスケールアップしても減速しません。

データシートをダウンロード

既存のエンドポイントツールのアーキテクチャは、いくつかの点で制限されています。特徴をご覧ください。

  • 不完全な可視性

    すべてのセキュリティおよび操作使用例は、検知とレスポンス、アンチウイルス、パッチのいずれであっても、エンドポイントデータを取得し確実に実行できる能力に頼っています。多くのツールは、帯域幅が限られたWANコミュニケーションに直面すると機能しなくなります。ユーザーエンドポイントは一時的です。エージェントは機能しないか、元からデプロイされません。
  • 制限された制御

    多くのポイントツールは可視性のみに注目します。制御のない可視性は、無駄なサイクルやソフトウェア脆弱性のようなセキュリティ問題に対する不十分な修正につながります。他のツールのアーキテクチャは、特定のシナリオに対して限られたサポートを提供するかもしれません。しかし、このようなセキュリティレスポンスの場合、隔離のみでは不十分です。これらの制限は、手動の再イメージに対する過度な依存状態を作り、これは多大なダウンタイムやデータロスにつながる可能性があります。
  • 使用時の遅さ

    従来のハブアンドスポーク式アーキテクチャを使うと、アセットインベントリ、コンプライアンス評価、そしてパッチなどのタスク完了に数時間、場合によっては数日間要することがあります。エージェントレススキャン法は、一見良く見えるかもしれませんが、ネットワークパフォーマンスの観点から見ると費用がかかり、業務完了まで多くの時間を要します。

Taniumは違います

Taniumは、前世紀ではなく、次世紀に向けて構築されています。

Taniumアーキテクチャは、エンドポイントコミュニケーションに関して、特許取得済みの独自なアプローチを取っています。非常に分散された複雑で近代的なエンドポイント時代のネットワークに応えるために構築されたTaniumアーキテクチャは、分散化とスケールを長所に変えます。
  • 完全な可視性

    Taniumは、遠隔から管理された多数のサーバに頼らず、WANの限界を乗り越えます。Taniumは、オンネットワークでもオフネットワークでも、セキュリティおよび運用ユーザーがマネージドシステムに関するすべてにアクセスできるようにします。Taniumは他にも、攻撃への裏口を提供する可能性のある不正なアンマネージドエンドポイントの発見を可能にします。
  • 完全な制御および修正

    Taniumのアプローチは、今日だけでなく今後の問題にも拡張可能です。Taniumを通して、セキュリティおよびオペレーション従業員は、評価および修正を単一のプラットフォームで制御することが可能になります。セキュリティリスク評価および修正間の責務を分離したいですか?役割ベースのアクセスは、チームがTaniumを事実の単一ソースとして継続して活用することを可能にしつつ、責務の分離を可能にします。
  • 非常に高速

    Taniumは、オンネットワークでもオフネットワークでも、ユーザーが全システムに関する詳細なライブデータにアクセスできるようにします。レスポンスは、通常わずか数秒で確実に、そして迅速に行われます。Tanium Communications Architectureのスピードは、ほとんどの事例においてデータが中央部分に保管される必要がないことを意味します。中央部分で保管することのニーズを減らすことで、Taniumは組織が全体的に管理コストおよび複雑性を軽減することを可能にします。
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software