Skip to content

日本電気株式会社:海外現地法人の約9,000台のエンドポイントを自社のタニウムサービスで可視化

2020年からタニウムの運用をスタート。セキュリティパッチの配布時間を従来の1/4に短縮したほか、それまで最大で数週間を要していた特定の脆弱性の調査もわずか1日で完了できるようになるなど、セキュリティ運用の劇的な効率化を実現している。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software