392万ドル
全世界で組織が被ったデータ侵害の平均被害総額。

Ponemon Institute

展開
45%
の侵害は、構成の不備に起因するエラーを原因とするものでした。

Verizon

展開
1億8500万ドル
サイバー損害保険会社がデータ侵害への対処に充てている平均額。

Verizon Media Platform

展開
21%
の企業には、リアルタイムでサイバー侵害を正確に検知するのに必要なスキルがありません。

タニウム回復力ギャップ調査

展開

大半の組織には、物理的および仮想、クラウドインフラストラクチャを管理する、集中型のオプションがありません。

デバイス構成とポリシーの施行に対する従来のやり方は、今日あたりまえとなった働き方であるリモートワーカーやモバイルワーカーに対しては機能しません。

Windowでの従来のポリシー施行は非効率的で、macOSやLinuxには集中型のポリシーや設定管理ツールがありません。

運用チームは、クラウドやオンプレミスなど、デバイスがどこにあっても、またどのように接続されていても、エンドポイント構成を管理する必要があります。

largecta-leftimage-mobile-img

回復力ギャップに注目

IT回復力でのギャップがビジネスにどのような影響を与えるか

調査レポートはこちら

タニウムによる構成管理

組織全体のエンドポイントでリスクを最小限に抑え、大規模に構成を施行します。

Tanium Asset

最新のインベントリの可視化、報告、知見により、確信を持ってハードウェアおよびソフトウェア資産に関する意思決定を行えます。

Tanium Discover

非管理資産を大規模かつ迅速に検出、管理し、リスクを軽減します。

Tanium Deploy

最新のパッチとアップデートがシステムで実行されるようにし、互換性の問題やセキュリティの脆弱性を軽減します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software