6兆ドル
2021年までの侵害に関連する損害の推定コスト。

Forbes

展開
3%
の組織しか、侵害をその発生時に検知できていません。

2019 DBIR Report Verizon

展開
分単位
資産侵害のイベントチェーンで攻撃者が最初に行った行動の所要時間。

2019 DBIR Report Verizon

展開
21%
の組織には、リアルタイムでサイバー侵害を正確に検知するのに必要なスキルがありません。

タニウム回復力ギャップ調査

展開

多くのセキュリティツールは、新たに生じた重大な脅威への迅速な対応に焦点を当てすぎています。

スピアフィッシング、認証情報の漏えい、Webアプリの脆弱化などの巧妙な攻撃が侵入し、幾つものターゲット内に潜み、検知が困難になります。一旦侵入すると、攻撃者はオペレーティングシステムのネイティブ機能、認証情報ダンピング、ヒューマンエラーを悪用することで機会を狙って、より重要な価値をもたらすターゲットとデータを探そうとします。このような脅威は甚大な被害をもたらし、処置が困難な場合があり、中には200日以上潜伏する脅威も存在します。従業員が分散化しクラウドコンピューティングに移行すると、ネットワークが効果的な防御を提供できなくなるため状況はさらに悪化します。

企業が使用するセキュリティのポイントツールは柔軟性に欠け、機能が制限されているため、このような巧妙な脅威に対応できず、重要な被害が発生する前にこのような脅威の検出・対応・処置に必要な可視化と管理を提供できません。セキュリティチームは、ほぼリアルタイムのデータと広範なテレメトリ履歴データへのアクセスを提供し、全社的な侵害が発生する前に先手を打って巧妙な攻撃に対応できる柔軟性を実現することで、インシデントを迅速に検知し、範囲を絞って、処置する必要があります。

largecta-leftimage-mobile-img

回復力ギャップに注目

IT回復力でのギャップがビジネスにどのような影響を与えるか

調査レポートはこちら

タニウムのエンドポイントでの検知と対応

エンタープライズ規模の脅威の検知および調査へのガイド付きアプローチを提供します。

Tanium Threat Response

全社的な侵害となる前に、インシデントを検知、調査し処置します。

Tanium Enforce

エンドユーザ・コンピューティングデバイス・ポリシー管理を簡素化し一元管理することで、脆弱性やビジネスリスクを排除・軽減できます。

Tanium Core

クエスチョンを実行し、正確で完全なデータを取得し、数百万の大規模なエンドポイントを管理します。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software