7030万ドル
2019年に組織がデータ保護に費やした平均支出額。

タニウム、Vanson Bourne可視化ギャップ調査

展開
94%
のITの意思決定権者は、毎週または毎日、不明なエンドポイントを発見しています。

タニウム、Vanson Bourne可視化ギャップ調査

展開
12日間
が、部門間での脆弱性についてのパッチ調整で失われています。

Ponemon Institute

展開
20%
のエンドポイントセキュリティツールが毎月失敗しています。

Absolute

展開

教育機関は、テクノロジーを活用する際、イノベーションとセキュリティのバランスを保つ必要があります。

高等教育が教室からウェブに移行するにつれ、学生とスタッフが簡単で安全なデジタルソリューションを利用できることが必要になります。教育機関は、オンラインや自分のデバイスの持ち込み、年中無休の学習環境を可能にしつつ、機関と学生の機密データを保護する戦略を利用する必要がありますが、

各部署が異なるセキュリティツールやITツールを使用しているとギャップが生じ、組織で障害が発生しやすくなります。


largecta-leftimage-mobile-img

ITギャップに注目

統合エンドポイント管理(UEM)および統合エンドポイントセキュリティ(UES)による投資の管理とリスクの軽減

ホワイトペーパーはこちら

タニウムによる高等教育

1つのプラットフォームの比類なき可視化と制御、速度により、セキュリティおよびIT運用を最新のものとし、リソースを活用し、イノベーションを推進します。

イノベーションと適切なITハイジーンを推進

インフラストラクチャの複雑さを軽減し、旧式のレガシーアプリケーションを交換し、すべてのエンドポイントについて信頼できる唯一の情報源を提供することで、IT運用とセキュリティ部門の間のギャップをなくします。

可視化と制御を実現

単一のプラットフォームから、すべての管理資産および非管理資産を発見し、すべてのエンドポイントからライブデータのクエリを行い、重大な脅威となる前に脆弱性を検知します。

ITリソースを活用

セキュリティやIT組織全体で単一のプラットフォームを使用し、検知と処置を自動化し、大規模にパッチとアップデートをデプロイし、ポイントソリューションと未使用ライセンスをなくしてITが複雑にならないようにします。


タニウムが教育機関のカスタマーサクセスをどのように支援したか

ネットワークのセキュリティについての完璧な例です。当校のネットワークは、一部のプロキシやその他を含め、毎日10万人近い学生が使用しています。トラフィックには、非常に多くの悪意のあるデータが含まれていましたが、タニウムにより、エンドツーエンドのセキュリティを確保できるようになりました。

高等教育機関顧客 助教授、Gartner Peer Insights

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software