1億8500万ドル
サイバー損害保険会社がデータ侵害への対処に充てている平均額。

2019 DBIR Report Verizon

展開
94%
のITの意思決定権者は、毎週または毎日、不明なエンドポイントを発見しています。

タニウム、Vanson Bourne可視化ギャップ調査

展開
60%
の組織は、パッチを適用していない脆弱性により侵害が発生したと述べています。

Ponemon Institute

展開
20%
のエンドポイントセキュリティツールが毎月失敗しています。

Absolute

展開

信頼には大きな責任が伴います。

金融機関は、財産と情報を管理、保護するに当たり、世界で最も信頼された組織です。よって当然のことながら、その他の企業より、サイバー攻撃の対象となる可能性が300倍高いものとなっています。組織は、サイバー攻撃を防御し、機密データのセキュリティを確保し、厳格な規制ポリシーに適合しつつ、革新的な商品を提供するという課題を抱えています。多くの場合、チームは、データのセキュリティを確保しビジネスを行うのではなく、ITツール全体で可視性ギャップを解消しワークフローを調整することに追われています。


largecta-leftimage-mobile-img

金融機関での可視性ギャップ

IT資産での可視性ギャップによりどのように脆弱性が生じるか

ホワイトペーパーはこちら

金融におけるタニウム活用

タニウムを使用して、金融機関は大規模にリスクを管理し、テクノロジのセキュリティを確保し、イノベーションを活用できるようになります。

可視化と制御を実現

単一のプラットフォームから、すべての管理資産および非管理資産を発見し、エンドポイントからライブデータのクエリを行い、重大な脅威となる前に脆弱性を検知します。

比類なきスピード

ネットワーク上のエンドポイントの数にかかわらず、日や週単位でなく分、秒単位で潜在的な脅威を特定し、侵害を封じ込め、リスクを対処します。

イノベーションと適切なITハイジーンを推進

インフラストラクチャの複雑さを軽減し、エンドポイント全体について信頼できる唯一の情報源を提供することで、IT運用とセキュリティ部門の間のギャップをなくします。


タニウムが金融機関のカスタマーサクセスにどのように貢献したか

グローバル規模のオペレーションでは、自社の環境を知ろうとすると数多くの問題に直面します。タニウムを採用して初めて、自社環境の全体像を正確・迅速に把握できるようになりました。

Troels Oerting氏Barclays グループチーフ セキュリティオフィサー

金融向けリソース一覧

 

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software