1億8500万ドル
サイバー損害保険会社がデータ侵害への対処に充てている平均額。

2019 DBIR Report Verizon

展開
392万ドル
全世界で組織が被ったデータ侵害の平均被害総額。

Ponemon Institute

展開
44%
の小売業者は、PCIデータセキュリティ基準に未準拠

Verizon

展開
90%
の小売業界での侵害は、POSシステム関連

Verizon

展開

機密の顧客データを扱うシステムを表示または管理できない場合、どのようにそのデータを保護できますか?

グローバル小売企業は、罰金や罰則が課されないようにしつつお客様の信頼を維持するために、PCIなどのコンプライアンス基準に従い、POSやその他のシステムにある機密の顧客情報を保護する必要があります。

残念ながら、多くの小売のIT部門は、運用やセキュリティポイントのツールをばらばらに利用しています。こうしたツールはいずれもコストがかさみ、混乱の影響を受けやすいという問題があります。さらに、小売販売店は、分散した低帯域環境で運用されており、こうした環境ではネットワーク上のシステムと即時かつ継続的な通信を行うことは困難です。

小売業のITチームにとって、コストの最適化に努めつつ、全てのシステムに対して可視化と制御を行いながら、強力なセキュリティを維持しつつリスクを低減することが必要不可欠です。


largecta-leftimage-mobile-img

回復力ギャップに注目

IT回復力でのギャップがビジネスにどのような影響を与えるか

調査レポートはこちら

小売におけるタニウム活用

エンドポイント全体で可視性と管理を実現し、機密情報を保護することで、コンプライアンスの目的を達成し、ITの複雑さを低減します。

業界のコンプライアンス基準に準拠

管理資産および非管理資産を発見し、システム全体のリアルタイムデータを照合して、PCI-DSSやCCPAに準拠したコンプライアンスを確保します。

カード保有者のデータを保護

個人を特定可能な情報やクレジットカード番号などのセンシティブ情報なデータを探し出して管理、データ漏洩のリスクを低減します。

複雑さとコストを低減

IT運用とセキュリティ部門の間のギャップを統合されたプラットフォームにより解消し、インフラストラクチャの複雑さを減らして収益の向上に寄与します。


タニウムが小売業界におけるカスタマーサクセスにどのように寄与したか

タニウムを使用して、疑わしいまたは感染したマシンを隔離し、対処することができるようになりました。これにより、対応時間は数日から1時間以内に短縮され、さらにエンジニアを店舗に派遣する必要もなくなりました。

Jeff Johnson氏 情報セキュリティ運用ディレクター、AutoNation

小売業向けリソース一覧

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software