分単位
資産侵害のイベントチェーンで攻撃者が最初に行った行動の所要時間。

2019 DBIR Report Verizon

展開
月単位
政府機関がデータ侵害を発見するのにかかった時間。

2019 DBIR Report Verizon

展開
392万ドル
全世界で組織が被ったデータ侵害の平均被害総額。

Ponemon Institute

展開
15秒以下
組織のネットワーク全体の完全な可視化と制御に必要な時間。

タニウムはサイバースピードで防御

展開

サイバースピードで防衛することで、クリーン開発メカニズム要件の上を行く。

調査によれば、政府機関は、ネットワークが侵害されたことを発見するのにかなりの時間を要しています。公共部門での侵害の発見と封じ込めには多くの場合数か月かかり、数年にわたり発見されない可能性は2.5倍高いものとなっています。

この問題に対処するため、DHSは、CDMプログラムの一環として、72時間ネットワークのスキャンを行うという目標を定めました。この手順は改善をもたらし、連邦政府のリスク管理は大幅に改善しましたが、攻撃者は分単位、秒単位で活動します。


largecta-leftimage-mobile-img

ITギャップに注目

統合エンドポイント管理(UEM)および統合エンドポイントセキュリティ(UES)による投資の管理とリスクの軽減

ホワイトペーパーはこちら

政府機関におけるタニウム活用

高いレベルの可視化と制御、速度を提供する、セキュリティやIT運用向けの1つのプラットフォームにより、サイバー攻撃者の一歩先を行きます。

可視化と制御を実現

単一のプラットフォームから、管理資産および非管理資産を発見し、すべてのエンドポイントからライブデータのクエリを行い、重大な脅威となる前に脆弱性を検知します。

比類なきスピード

ネットワーク上のエンドポイントの数にかかわらず、日や週単位でなく分、秒単位で潜在的な脅威を特定し、侵害を封じ込め、リスクを処置します。

イノベーションと適切なITハイジーンを推進

インフラストラクチャの複雑さを軽減し、レガシーアプリケーションを置き換え、エンドポイント全体について信頼できる唯一の情報源を提供することで、IT運用とセキュリティ部門のギャップをなくします。


タニウムが政府機関のカスタマーサクセスをどのように支援したか

顧客はタニウムを使用して、20万以上のエンドポイントで、24時間以内にCVE-2020-0601パッチを適用しました。

連邦政府顧客

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software