94%
のIT意思決定権者は、毎週または毎日、以前は気づかなかったエンドポイントを発見しています。

タニウム、Vanson Bourne可視化ギャップ調査

展開
60%
の組織は、パッチを適用していない脆弱性により侵害が発生したと述べています。

Ponemon Institute

展開
63%
の地方自治体は、侵害の対象となっていることを知りません。

ICMAレポート

展開
12日間
が、部門間での脆弱性についてのパッチ調整で失われています。

Ponemon Institute

展開

リアルタイムデータに基づくリスク判断

地方自治体は、サイバー攻撃と悪意のある脅威が増加する中でセキュリティを保つという、非常に厳しい状況にあります。ITハイジーンは、地方自治体のサイバーセキュリティに対する対策には不可欠であり、意思決定権者は複雑さを増すネットワークの可視性を高め、すべてのエンドポイントを安全に監視する必要があります。

タニウムを使用することで意思決定権者はオンプレミス、オフプレス、クラウドを問わず、基礎となるIT衛生管理とリアルタイムのリスク決に必要な可視性と管理を実現できます。


largecta-leftimage-mobile-img

ITギャップに注目

統合エンドポイント管理(UEM)および統合エンドポイントセキュリティ(UES)による投資の管理とリスクの軽減

ホワイトペーパーはこちら

地方自治体におけるタニウム活用

1つのプラットフォームによる比類なき可視性と管理、スピードにより、セキュリティおよびIT運用を最新のものとし、リソースを活用し、コンプライアンス準拠達成の取り組みを支援します。

イノベーションと適切なITハイジーンを推進

インフラストラクチャの複雑さを軽減し、レガシーアプリケーションを置き換え、エンドポイント全体について信頼できる唯一の情報源を提供することで、IT運用とセキュリティ部門のギャップをなくします。

比類なきスピード

ネットワーク上のエンドポイントの数にかかわらず、日や週単位でなく分、秒単位で潜在的な脅威を特定し、侵害を封じ込め、リスクを対処します。

可視化と制御を実現

1つのプラットフォームから、管理資産および非管理資産を発見し、すべてのエンドポイントからライブデータのクエリを行い、深刻な脅威となる前に脆弱性を検出します。


タニウムが地方自治体のカスタマーサクセスをどのように支援したか

タニウムとの連携により、インシデント対応と復旧プロセス全体を再考できました。また、タニウムを使用して、ネットワーク上のすべてのエンドポイントを可視化し、パッチを迅速に適用し、パッチが完了したことを検証できるようになりました。現在は、すべてのIT運用でこのレベルの可視性と管理に依拠しています。

州政府CTO

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software