マスター
メニュー

未来のためのプラットフォーム:BarclaysがTaniumコミュニケーションアーキテクチャを使ってITオペレーションを改善した方法

40か国にわたり、300,000を超えるエンドポイントを擁するBarclaysは、実に多様なポイントツールとパッチ管理問題を抱え、インシデントレスポンス担当チームは困り果てていました。Barclaysは、Taniumプラットフォームを利用して全ポイントツールをまとめ、効率的なパッチ管理法を見つけ、インシデントレスポンス時間を数分レベルにまで短縮することを可能にしました。以下にその方法をご説明します。

2008年の金融恐慌以来、世界規模の各銀行は、業務の全側面においてさらなる規制圧力にさらされてきました。世界で4800万人の顧客を持ち、2.42兆ドルを超える資産を持つ、世界で7番目の規模を誇るBarclays銀行も例外ではありません。CBESTや英国銀行の脆弱性テスト、そして他の規制要件等を背景に、Barclaysはセキュリティレスポンスのスピード、俊敏性、スケーラビリティを高めるために新しいツールに投資することにしました。

そして2016年、Taniumに相談しました。BarclaysのIT責任者たちは、Taniumの40か国にまたがる300,000を超えるエンドポイントすべての巨大なネットワーク全体に対する透明性および管理を実行するという約束に感心しました。さらに、既存のセキュリティツールと相互運用でき、業績を向上させる完全なソリューションも必要としていました。7月にTaniumと契約を交わして以来、過去を振り返ることはもうありません。

Barclaysの課題

世界中で4800万人の顧客と2.42兆ドルを超える資産を持ち、世界で7番目の規模を誇るBarclays銀行は、大企業に共通した問題に直面していました。それは、専門機能を実行するツールの多くで、相互運用性が限られていたことです。これらのツールは、相互に連携が取れないだけでなく、しばしば数時間、数日、時には数週間前のデータを生成していました。

Taniumのソリューション

リアルタイムの可視性および30万のエンドポイントにわたる制御

Tanium採用によって、Barclaysのサイバーインシデントレスポンスチームは、300,000を超えるエンドポイントの問題をほぼリアルタイムで把握し、対策を練ることが可能になりました。これにより矯正プロセスを数分程度に短縮し、組織への悪影響を大幅に減少できるようになりました。

グローバル規模のオペレーションでは、自社の環境を知ろうとすると数多くの問題に直面します。Taniumを採用して初めて、自社環境の全体像を正確・迅速に把握できるようになりました。

Barclaysグループチーフ セキュリティオフィサー、Troels Oerting氏

Phillips 66
AstraZeneca
Target
HM GOV_BLK_AW
Aon
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software