コンテンツにスキップ

自分のリスクスコアをご存知ですか?

脆弱性、脅威、コンプライアンス、パッチステータス、機密データ、およびLog4jなどの大規模な違反パターンに対する感受性などの複数のベクトルに対するエンドポイントのスコアを5日以内に無料で取得してください。

Taniumのリスクアセスメントによって、1つの組織が発見した内容

0

高リスクまたは重要なリスクの脆弱性

0

CIS条件不合格

0

オペレーティングシステムの提供終了バージョンを実行しているエンドポイント

0

ウイルス対策(AV)を実行していないエンドポイント

0

Log4jの脆弱性にさらされているエンドポイント

0

アップタイムが30日以上のエンドポイント

0

ホスト名の衝突があるエンドポイント

プロアクティブなリスク管理は、リスク状況を包括的に把握することから始まります。

リスクアセスメントを使用すると、複数のベクトルに対して各エンドポイントデバイスの動的なスコアを取得して、実行可能な改善計画を作成できます。

実行可能なリスク計画

エグゼクティブサマリー、複合リスクスコア、資産インベントリ、実装計画案、およびLog4jエクスポージャ分析を使用して、リスク状況をプロアクティブに伝達して改善します。

リスクベクトル分析

システムの脆弱性、システムのコンプライアンス、ラテラルムーブメントのアセスメント、機密データと保護されたデータのエクスポージャ、安全ではないトランスポートセキュリティプロトコル、暗号化、および相互認証に分割することによって、リスク状況を理解します。

制御と資産の重要度の調整

資格情報のガード、エンドポイントの強化、ウイルス対策/アンチマルウェアなどの制御が行われていないエンドポイントを検出して計測します。アセスメントの範囲内で資産に割り当てられた重要度レベルを理解します。

サイバー・ハイジーンの指標

資産インベントリ、パッチのステータス、および脆弱性へのリスクエクスポージャに関する基本的な質問に答えます。環境内で実行されているアプリケーション、実際に使用されていないソフトウェアを確認します。

「エンドポイントの状態に対する包括的な可視性によるほとんどリアルタイムのリスクスコアにより、エグゼクティブはビジネス成果へのサイバー攻撃の影響への理解を深めることができます。意思決定者は、重大な脆弱性を最優先し、侵害にはるかに迅速に対応して、攻撃面を大きく減らすことができます」

Phil Harris氏 IDC サイバーセキュリティリスク管理サービス部門調査担当ディレクター

「リスクスコアは、ビジネスへの影響を計測するための適切な方法を確保することを意味します。プロセスを理解し、プロアクティブに予防し、回復力を強化し、攻撃を抑制することは、すべてがビジネスの成果にとって極めて重要です」

Scott Crawford氏 451 Research(S&P Global Market Intelligenceの一部門) セキュリティ部門調査担当ディレクター

情報元:リスク管理において優先順位付けと処置がポイントとなる理由

11秒ごとにランサムウェア攻撃がある

重要なインフラストラクチャ、民間企業、および自治体に対する攻撃が頻発し、蔓延しています。Taniumのソリューションを活用すると、脅威に対するエクスポージャを正しく理解し、最も影響の大きな処置を最優先して、この脅威に対処できます。

0

2021年にランサムウェアに支払われた金額

0

の検出された脆弱性は、高リスクまたは重大なリスクだった

0

重大なリスクがあるシステムの処置に必要な平均期間

0

経営陣がサイバーセキュリティにもっと注意を払う必要があることに同意する

リスクアセスメントを始める

組織が成長して分散するに従って、可視性とIT環境の制御が失われます。

Taniumを使えば、解決できます。

1

以下で登録する

Taniumの技術ソリューションエンジニアがお客様にご連絡します。

2

当社の軽量エージェントをデプロイする

エンドポイントの総合的なリスク状況の評価を開始します。

3

データ収集を開始する

Taniumの技術ソリューションエンジニアがリスクアセスメントレポートの作成に必要なメタデータを収集します。

4

最終レポートを受け取る

リスク要因を減らして最終的に排除するための推奨事項の優先リストとともに提供されます。

リスクアセスメントをご依頼ください。

カスタマイズされたリスクレポートには、エグゼクティブサマリー、リスクスコア、実装計画案、資産インベントリ、リスクベクトル解析、Log4jエクスポージャ分析などが含まれます。

  1. 情報元:Recorded Future
  2. 情報元:Forbes
  3. 情報元:Forbes
  4. 情報元:Harvard Business Review
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software