エグゼクティブブログ

Taniumが新しいDC地区事務所でパブリックセクターに参入

行政機関は、今まで以上にさらに少ない資源および予算でより多くのことを成し遂げなければならない必要性に迫られています。それにも関わらず、今日のサイバー脅威のさらなるスピード、頻度、そして複雑さは、機密性のある公的なデータおよび重要なインフラストラクチャを保護する義務を負わされた連邦政府、州政府、各自治体に対して非常に大きな課題となっています。つい最近起きた米国国税庁(IRS)および連邦人事管理局の不正アクセスで見たように、パブリックセクターのネットワーク上の可視性および制御の欠如により、何か月、あるいは何年も侵入に気づかないまま、壊滅的な被害に見舞われる可能性があります。

パブリックセクターへより良いサービスを提供するために、Taniumは今週、会社の世界進出先のひとつとして、ワシントンDC地区での新オフィスの開設を発表しました。

Taniumは現在、米国国防総省(DoD)を含む連邦政府機関と協力し、50万ほどのエンドポイントを監視および制御しています。行政の顧客がTaniumの画期的エンドポイントプラットフォームに対して見せる興奮は、連邦政府分野がサイバー攻撃に対応するスピードおよび規模を積極的に改善しようとしていること、そして新レベルのIT運用効率性を実現しようとしていることを示しています。

会社で初めて新たに任命された最高セキュリティ責任者のDavid Damato氏を含むTaniumの重役たちは、国防総省、FBI、運輸省、公衆衛生局の他、パブリックセクター全体から集まった代表者たちと火曜日にワシントンDCオフィスの設立を祝いました。イベントの一部として、Taniumの重役たちはAndressen Horowitz社取締会パートナーであるSteven Sinofsky氏と共に、Taniumの最近の勢いに関して、連邦政府が直面している最も重要なサイバーセキュリティに関する問題、そしてTaniumがどのように行政機関に対するサイバー攻撃への対処を支援したいかについての思いを共有しました。

過去18か月間のTaniumの成功に貢献した要因は何でしょう?

Mike Carpenter社長:Taniumでの信じられないほどの一年を終えたばかりです。請求額および従業員数において昨年比で400%以上の成長を見せました。私たちは、銀行トップ10行中5行、小売店トップ10軒中4軒、そして11種の業界のトップの会社の世界最大級の組織と仕事をしています。私たちは大規模の仕事が扱える事業を構築しました。Continuous Diagnostics & Mitigation (CDM)には、ITチームが72時間ごとに脆弱性をスキャンするよう定められています。72時間後には、400万件の記録が消失してしまうかもしれません。データは数秒以内でアクセスできなければなりません。私たちは初めて、世界最大のネットワーク上においてもエンドポイントに対して15秒間の可視性および制御を可能にすることで、常に攻撃者の一歩先を行き、以前は数日から数週間までかかったITタスクを実行することができます。これが、民間およびパブリックセクターにおいてTaniumが圧倒的に採用されている秘密です。

連邦政府が今直面している最大のサイバーセキュリティ問題は何ですか? Tanium Federal社長、Ralph Kahn氏:パブリックセクターと民間企業では、同じ問題が起きていますが、今までとの違いはその規模です。Taniumのプラットフォームは、機関が脅威に対応できるスピードをもたらします。Taniumは攻撃されてから検知までの時間を1週間から3時間に短縮するだけでなく、ITオペレーションチームのツール、マネジメント、そしてインフラ用コストを削減することもできます。国防総省のような機関が、Taniumに投資しようと選択することは、当社プラットフォームへの信頼度を物語っています。

Taniumへ入社しようと思った動機を教えてください。 最高セキュリティ責任者、Dave Damato氏:私は6年近くフォーチュン500社と緊密に働くことで、各会社の最も深刻な不正アクセス等の問題を調査する機会に恵まれました。セキュリティ会社の爆発的増加および各組織によるセキュリティ製品への多額の投資にも関わらず、深刻な不正アクセス等の数は増加する一方です。その中で人事管理局ネットワークへの不正アクセスは、興味深い例です。これらの不正アクセスが起きる原因には、似たような状況が揃っています。さまざまな組織では、アセット管理、パッチ管理、そしてエンドポイントをリアルタイムで監視する能力など、いろいろなタスクをこなすことに苦心しています。そうした状況により、基本に注目すること、そして、環境全体にわたる可視性を強化することに変化が生じます。Taniumはこのような問題に対処していたので、入社しようと思いました。エンドポイントにとってTaniumは、新しいブラウザをアップロードする感覚に似ています。以前では不可能だった多くの機能が、Taniumには備わっているのです。

行政機関は、サイバーセキュリティに関するアプローチをどのように変更できるでしょうか? セキュリティアーキテクト責任者、Ryan Kazanciyan氏:インシデント検知および調査については、既存のツールを使うと全体像を把握するまで何週間も要することがあります。組織がそのプロセスをたどり、結果的に修正に失敗するのを見るのは辛いものです。政府機関は、常に防御体制を取る必要があるにも関わらず、攻撃自体はスピード、規模、そして頻度の各面から増加する一方です。攻撃者とモグラ叩きをするのは大変です。サイバーセキュリティに対する現代的アプローチは、このパラダイムを転換させ、攻撃者を阻止するデータにリアルタイムでアクセスしつつ、こちらも攻撃体制に入る必要があるのです。

この内容はお役に立ちましたか?こちらをクリックしてご登録いただくと、最新のTaniumニュースとイベント情報が届きます。

注目のウェビナー

イベント情報

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software