Whirlpoolのセキュリティ・ハイジーン向上法

グローバルな製造業者がサイバーセキュリティに関して懸念を抱く理由は、産業スパイ、コネクテッド製造ライン、そして何千もの見つけにくいエンドポイントがあるからです。Whirlpool社は、オペレーションのセキュリティ確保という課題の重大性を認識しています。世界一の大型家電販売数を誇るWhirlpool Corporationは、世界で100,000人近くの従業員を擁し、70か所の製造拠点およびテクノロジー研究センターを有しています。全容を常に把握することが難しい環境だと言えるでしょう。

Whirlpoolは、他の多国籍企業同様、様々な場所で何種類ものセキュリティツールを使用していました。2015年、担当チームは同社の環境に使用できる事実の単一ソースを見つける支援をTaniumに依頼しました。「他のツールは、問題の報告あるいは問題の管理を可能にしてくれますが、Taniumは検出および対応の両方の能力を提供してくれます」と、Whirlpool Corporationのサイバーセキュリティオペレーション・シニアマネージャー、Greg Fisbeck氏は述べています。「鍵はそこでした。」

Whirlpoolの課題

世界で100,000人近くの従業員を擁し、70ヶ所の製造拠点およびテクノロジー研究センターを有するWhirlpoolは、それまでのセキュリティ・ハイジーン戦略に満足していませんでした。Taniumに移行する前、セキュリティ担当チームは、アンチウイルスツールからの報告を手動で引き出し、システム更新の依頼をメール送信していました。Greg氏のチームからのメールに返信がなかった場合は、次に現地のIT担当チームに連絡し、その個人を見つけてもらうことでしたが、この方法は探している人がIT担当チームと同じオフィスで働いている場合にのみ使える方法でした。

Taniumのソリューション

インシデントレスポンスタイムとカバレッジの改善

  • 現在のWhirlpoolは、スキャンおよび矯正レスポンスを自動化することで、更新を迅速に完了することを保証しています。
  • Taniumをインストールしてから、ベストケース平均検知時間を83%、レスポンスタイムを99%と、インシデントレスポンスタイムを大幅に短縮させました。
  • Taniumを使い始める前、私たちは最新のウイルス定義を知る能力を持たず、対応は常に遅れていました。当社デバイスの5〜10%がポリシーに準拠していないことも頻繁にありました。ところが、Taniumをデプロイした途端、一晩のうちにその平均が1%未満になったのです。

    Whirlpoolサイバーセキュリティオペレーション・シニアマネージャー、Greg Fisbeck氏

    Phillips 66
    AstraZeneca
    Target
    HM GOV_BLK_AW
    Aon
    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software